防風通聖散で腹痛?そんな時どんな対処すればいいのか調べたら…。

防風通聖散 腹痛

 

防風通聖散はダイエットや便秘改善のサポートをしてくれます。

 

その効果効能からダイエットされる方に人気があります。

 

しかし稀に腹痛を起こされる方がおられるのです。

 

漢方薬だから副作用なんてないんじゃないの?

 

なんて思う方も多いと思いますが漢方薬にも少しは副作用があるのです。

 

防風通聖散の副作用は

・胃の不快感
・吐き気
・腹痛
・下痢
・動悸
・不眠
・発汗過多

 

などがあげられます。

 

ではこういった腹痛などの副作用が出た場合はどういった対処をすればいいのでしょうか?

 

それは商品の説明書に記載してありました。

 

<用法・用量に関連する注意>

(1) 用法・用量を厳守すること
(2) 食間とは食事と食事の間を意味し、食後約2?3時間のことをいいます。

 

新生防風通聖散 顆粒<満量処方>は排便を促す効果があるお薬のため、人により「下痢」や「腹痛」など効き目を強く感じる場合がございますが、体が慣れてきたり一時的に減量したりすることで、改善する場合もございます。

 

ということが注意書きしてありました。

 

下痢を起こすということは腸蠕動運動が亢進されるという事なのです。

 

つまり腸が活発に動くことで痛みが発生するんですね。

 

これが腹痛なんです。

 

もし腹痛という症状が出た場合まずは服用している量を減らしてみましょう。

 

1日3包飲んでいるなら、2包にしてみる。

 

理想は1包にしてみて体調がよければ2包にしてみるのが良いですね。

 

このように自身の体調に合わせて対処していくのがいいです。

 

あまりにもひどい場合ですといったん服用の中止することをおすすめします。

 

体調不良の時や体が慣れるまでは様子を見ながら服用するのがいいですね。

 

先ほども言いましたが漢方薬は自然植物で配合されていますのでほとんどの方が副作用無く安心して服用することができます。

 

防風通聖散で腹痛が出た時の対処法まとめ

・服用回数を減らしてみる
・体が慣れるまで体調に合わせて少量で様子を見る

 

↓生漢煎防風通聖散の公式サイトはこちら↓

 

防風通聖散でダイエットを考えている方は実際の効果が気になりませんか?

 

本当に体重を減らしたり、脂肪を減らす効果があるのでしょうか?

 

気になりませんか?

 

そこで防風通聖散の効果について調べてみました。

 

>>防風通聖散は効果があるのか見てみる。